August 13, 2015

夏のあまご釣

freelight


いつもの峪より遠くへ行くからと


そう説いて伏せるまでもなく 散歩から戻ると犬はさっさと階下へと降りていった

なんといっても 階下は二階に比べたらうんと涼しいから
犬は普段ワタシたちが生活している二階に用がなくなると 何時も決まって下に下りて行く
エアコンの効いた二階の部屋よりも 階下の廊下の床に腹を付けて目をつむっているほうが好きなんだと

ワタシたちがそう思っているだけではなく まったくその通りのようだ
別に犬に確かめた訳ではないが とにかくそうとしか思えない

沢


いつもの峪へ zoe と連れ立って行く事も考えてはみたが
あの日はとにかくやまめ釣りをしたかった
それも鬱蒼とした薄暗い峪でなんかじゃなくて
開けた白い石の流れで そして できれば高原みたいな清涼感のある そんな場所でだ

近所でやまめとなると、、、まあ当てが無いわけではないが
思いつく限りでは皆鬱蒼とした薄暗い峪だ
おまけに何処も一つや二つ大きな(犬にしたら)棚がある
そして うちの犬がなんの躊躇もなくその棚を越えられるとも思えない

となると、、、近所にそんな都合のいい峪沢は無いという事になる 犬連れでとくれば尚更に
(ちょっと下ればいつものトコでも如何にかなるが、、、)
なのでもう少し遠くの峪沢へ行くということになるのだが 犬にはそれがあまり嬉しいことではない
(苦痛以外のナニモノデモナイ)

だから必然的に犬は留守番となるのである

犬は無言で階下へと降りて行った
無言だったような気がしたけど ”暑いしね” と そう小声で言い残したようにも思えた
あれは付き人に気を使ったつもりなのだろうか、、、

いわないわないわな

夕方と云うにはまだ少しあったけど
渓谷散策からハイカーが戻る時間にあたったようで 大勢の人たちが此方に向かってどんどんやってくる
なんとなく罰が悪いがそんな道を独りで逆行した

そして ”こんにちは” の連呼

先ずは三人組み その全員が順番にこんにちはと、、、
こちらも 早口で ”こんにちは” と三度返す
ちゃんと誠意をこめて

するとその後ろから今度は四人組みが、、、、



いわな



あまご釣にきたはずだった
だが きょうもかかってきたのはいわなだった
それもちいさなちいさないわなであった

いわなが居そうな処は避けて毛鉤を振り込んでいるつもりでいた
でも 大雑把なワタシの釣技では そんな釣り分けなど適うどころか
まだまだそれ以前の話のようだった

まあ大体からして
奴らにしても
それほど正確に住み分けて居る訳でもなかろうし、、、

そう気を取り直してまたつり遡る
が その後に掛かってきたのも またいわなだった






そろそろ暮れようかという時刻ではあったのに それにしても未だ日照りはきつく
これではあまごも浮かんで来ないだろうなと思うくらいな そんな暑さが残っていた

しかし あまごは居た

アレは深みから ぐんぐん泳ぎあがってきた

ワタシはポカーンとしていた 口はもちろん半開きで

そうそう 同行者がいたら ”よそみしてた” と言い訳したに違いない

ワタシはあまごが毛鉤を吐き出すのを黙って見ていた

何故かあの時 それくらいぼけっとしてたのだ

すべては暑さのせいだったと そう思いたい

沢rod and reel


あまご、、、ブツブツ言いながら先の二股を右へ遡った

次の沢が出合う浅い淵で年老いた(風にみえた)いわなが釣れた 
このときは何故だか素直に嬉しかった

ケルン大アカゲラ橋

その年老いたいわなを放して仕舞いにした

まだもう少し先まで行っても良かったけど その先には直ぐに大きな淵があって通らずになっている
大きく巻けば更に上にも行かれるのは知ってるけど めったにその先へ行く事もない
そこから先には魚なんて居ないってだれもが言うし 現にその先で魚を掛けたことは一度も無いから



峪を抜けるときに大アカゲラが居た
アカゲラはうらやまで時々見かけるけど 大きいのは山に来ないと見られない
にじり寄ってようく見てやろうと 魚釣のときより慎重に距離を詰めると綺麗な縞がよおく見えた

あまごは釣れなかったけど 良いのが観れてよかった
今度は犬にも見せてやらないとなあ、、、

釣行日 2015/07/28

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dogs_age/52342415
この記事へのコメント
振り込むおかねはないし毛鉤は10年前に巻いたシワシワのモンしかないんだけれど、
あたしはアマゴが毛鉤を吐き出すまでボケーとみているほど、
間抜けじゃないから、
どうしても「痛いよー、痛いよー」と泣き出す岩魚を見ることになるんだ。
やじゃないかい、そんなかわいそうな岩魚を見るのはさ。
だから毛鉤を振りたくないんだよね。
アームがよすぎる悲劇だね。
あぁ、ヘタッピーになりたい!
Posted by 鮭 at August 17, 2015 01:31
ご無沙汰してます
元気ですよね?!

いわなは釣らないと見れませんから
お金は振り込まなくてもいいですが毛鉤はふりこんでください
Posted by m&M at August 16, 2015 18:03
いいなぁ、こんな峪。石ゴロゴロの河原で昼寝したいな。
岩魚の姿を見ながらね。別に毛鉤なんてふらなくてもいいな。
Posted by 鮭 at August 16, 2015 01:04