October 27, 2012

多摩川 debut

zoe













zoe 多摩川デビュー


こないだ zoe を連れて ”多摩森ヤマベを喰う会” へ行った


組合長の rio を失ってから
あれからしばらく川へ行く事もなく 
行く気もなく

そんなある日
柴野さんから電話を貰った
はなしは caffe nero は閉まったままだけど、、、から始まり
最後はごく自然に 週末のヤマベの祭典には行くのか? といった釣人らしいお誘いの言葉

そして 当日
車を停めて 野球場を横切って
そして会場からちょっと離れた広い河原に降りた

zoe が走ると rio に見えた

ちょっとシモ手の方にタマシンの組合員の方々が見えたので
ゴロゴロの玉石で歩き辛い河原を歩いてそちらへ向かった

たましんangler - watanabezoe-shibano-watanabe











会場はデカイ側溝だった

そうなのか
そうなんだ
公共工事というのはこう言う事なのか、、、
だから公共っていうんだ
なるほど

たましん
そこはデカイ側溝
早いはなしがデカイドブの落しである

農家で育ったボクは こういった扉付きの溝くらいなら見たコトがある
ただし 落しと呼ばれていた用水路に設えられたその扉は
モクの板だったけどね

よく その板を勝手に開けて怒られた
こっちは魚が取りたくて そこに網掛けたりするのにちょっこっとそこを開けて水を流すんだけど
田んぼの水位はデリケートらしく いつも誰かがその水位を観てたみたいだった
だからすぐばれるんだな 開けたのが

それが いつの間にかこういったコンクリーで固められて
その扉は巨大な鉄扉と鉄のハンドル付きのネジになっていったんだけど




それにしても 農閑期にはみんなんがこうしてピクニックに使うということまでは
そこまでは 知らなかった
なるほど 公共事業ってのはたいしたものだ

zoeかんちゃんzoe










テーブルにはワインとかバゲットとか、、、、、、

いつの間にか組合になじんだ zoe

やっぱり食い物があると入って行きやすいんだな
やっぱり犬だな zoe も

こうして ようやっと無事に皆さんへの顔見せも果たせた
これでようやくって感じがした

一段落してまたみんなが河原に散って釣を始めた

釣ってる横で 
仕掛けが如何のとか
カンちゃんをからかっていたら
一旦引き上げた用務員さんが vent を連れて戻って来た

zoe and ventzoe










釣がなんなのか
それが釣だということも判らずに
何時間もただただ河原にいた zoe
それが
vent がきた途端
釣なんてどーでもいいからって
まあ犬なのでそんな所です

zoe 多摩川デビュー
そして付き人、、、復帰です

注:ヤマベを喰う会の模様は各組合員さまのページにてご覧いただく事をお勧めいたします

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dogs_age/52145288